ワード(Word)で表や申込みフォームを書く

ワードで表を描く

方法は2つあります。
1つ目は、罫線で表を描きます。
2つ目は、表を挿入します。

 

罫線で表を描く

 

罫線を引くためには、「ホーム」タブの「段落」コマンドの「罫線を引く」(鉛筆マーク)の右にある▼をクリックします。

 

「罫線を引く」コマンドの▼をクリックすると、出てくるメニューの下の方にある、「罫線を引く」をクリックします。

 ※マウスポインターが、矢印から鉛筆マークに変わります。

 
 

カーソルが鉛筆マークの状態で、表を挿入したい場所へ左上から右下へ表の大きさになるように表を描きます。

 

指を離すと、四角い表を描くことができます。


 

マウスポインターが鉛筆の場合、上の表の中に線を引いてマスを作ることができます。
例えば、以下の図のように描けます。

 

表を挿入する

 

縦○行、横○列の表を挿入するには、「挿入」タブの「」をクリックします。

 

 

挿入したい【行数×列数】の場所でクリックします。

 

表は余白の左端から、右端まで全体を使って挿入されます。

 
 
 

罫線で引いた場合は、本文とは関係なく自由な場所に描くことができます。
 
表の挿入の場合は、本文の行中に挿入されます。

 



デル株式会社



ワード(Word)の文章の周りを線や絵柄で囲む

ワードで、ページの余白部分全体を、ラインや絵柄で囲む方法をご紹介します。

囲むと、以下のような感じになります。

 

ページ全体を線で囲む方法を2つご紹介します。

1.ページ全体を細い直線で囲む

 

最初にご紹介した線や絵柄で囲む方法は、「ページ罫線」という機能を使います。

①「ページレイアウト」タブのページ背景にある「ページ罫線」をクリックします。

 

②「線種とページ罫線と網かけの設定」というダイアログボックスが出てきます。

 
 
 

③ページ罫線の「囲む」を選択して、線の太さが1ptになっているので「OK」を押します。

 

このような線が引けました。

ページ罫線で引く線は、余白の外側です。

 

 

2.ページ全体を絵柄で囲む

 


余白の外側に、絵柄でページ全体を囲む方法をご紹介します。

 
 
① 「ページレイアウト」タブのページ背景にある「ページ罫線」をクリックします。

 

② 「線種とページ罫線と網かけの設定」というダイアログボックスが出てきます。

 

 

③「囲む」を選択して、

 「絵柄」の「なし」をクリックします。

 
 様々な絵柄が出てくるので、お好きな絵をクリックして、「OK」を押します。

 

モミの木のような絵を選ぶと、このようになります。

 


 

3.図形で囲む

 
ページ罫線機能以外に、図形でページ全体を囲む方法があります。

 
 
 
①表示倍率を下げて全体を表示します。
  画面右下にある、100%の右にある「-(マイナス)」を何回かクリックして、ページ全体が画面に表示されるようにします。



 
②「挿入」タブの図にある「図形」をクリックします。

 

③様々な図形が表示されるので、囲みたい形を選択します。

 
 

今回は、基本図形の中にある「メモ」を選択します。

 
 

④図形をページの囲いたい大きさに描きます。

 


このままだと、文章(文字)が表示されないので、中の色を変更していきます。

 


塗りつぶしを「なし」にする

 
図形の中の色を「塗りつぶしなし」に設定するには

①図形を選択します。


②描画ツール「書式」タブの図形スタイルより、「図形の塗りつぶし」を選択します。

 

③「塗りつぶしなし」を選択します。

 

図形の中の色がなくなり、ワードの本文がみえました。

 

 
 
 

全体の色を半透明にする

 
図形の中の色を半透明に設定して、全体に薄い色がついたようにします。

①図形を選択します。


②描画ツール「書式」タブの図形スタイルより、「図形の塗りつぶし」を選択します。

 


③「その他の色」をクリックします。

 


④「色の設定」というダイアログボックスが出てきます。

 

⑤お好きな色を選んでください。
  選び方は、「標準」タブから選ぶ方法と、「ユーザー設定」タブから選ぶ方法があります。

 

⑥「色の設定」ダイアログボックスの「透過性」を高くすることで色が薄くなり、ワードの文章が表示されます。

  ここでは50%を設定します。

  設定方法は
   1.灰色のバーをマウスで動かす
   2.0%のところに、キーボードで「50」と入力する
    3.矢印を押す
  の3種類ありますので、お好きな方法で変更してください。
 

 

⑦設定出来たら、「OK」を押します。

 

このような感じに、文字の上に塗りつぶした色が表示された感じになります。

 



デル株式会社



ワード(Word)で文字をグネグネさせる

 

文字の効果で文字を加工する」で、通常入力した文字を装飾する方法をご紹介しました。


今回は「ワードアート」を設定します。
 
ワードアートは通常入力の文字の加工では、色や影・反射は同じようにできます。

色や一番の違いは「変形」です。

 

ワードアートの挿入

  

 
①「挿入」タブのテキストにある「ワードアート」をクリックします。

 

②文字のスタイルを選びます。

 
 
③スタイルを選択すると、このように挿入されます。

 

④文字を削除して、タイトルなどを入れます

 

ワードアートを挿入・選択すると「描画ツール」が出ます。

 

描画ツール「図形のスタイル」

 

ワードアートの描画ツールにある、「図形のスタイル」は、

ワードアートの枠全体について編集・加工します。

 

例えば、このように加工することが出来ます。
 ・図形の塗りつぶし:オレンジ、アクセント6、白+基本色80%
  ・図形の枠線:赤、アクセント2、黒+基本色20%
 ・光彩:赤、18pt光彩、アクセント2
  ・面取り:額縁風
  

 

描画ツール「ワードアートのスタイル」

 
 

ワードアートの描画ツールにある、「ワードアートのスタイル」は、

ワードアートの文字について編集・加工します。

 

 
 

※文字列を選択しているか、枠線が「実線」になっている必要があります。

 

例えば、このように加工することが出来ます。
 ・文字の効果→光彩:赤、18pt光彩、アクセント2
  ・文字の効果→変形:上アーチ
  

 

何もないところでクリックすると、ワードアートの実線が消えます。

 
 

デル株式会社



ワード(Word)で図を編集・加工する⑩ ~拡大・縮小~

図を編集・加工する方法をご紹介します。

図形の拡大・縮小

 
Word2010では、図形の編集もWord内で行うことが出来ます。
 
挿入した写真・図の明るさやコントラストを変えることもできます。

 

①図を選択(クリック)します。

②図の上下・左右・四隅にあるポイントをドラック&ドロップすることで
 図を拡大・縮小することができます。

 

図の拡大・縮小は、左上が固定されて動くため、動かすときは下や右からの方がイメージしやすいです。
 
オススメは、下記の3か所です。

 
 

デル株式会社



ワード(Word)で図を編集・加工する⑨ ~図形の回転~

図を編集・加工する方法をご紹介します。
 

図形の回転

 
Word2010では、図形の編集もWord内で行うことが出来ます。
 
挿入した写真・図の明るさやコントラストを変えることもできます。

マウスで回転する方法

 

①図を選択(クリック)します。

②緑の○の上にマウスを持って行きます。

 
 
③緑の○をクリックしたまま、マウスを動かすと図が回転します。
 

 

④クリックの指を放すと、回転が確定します。

  ※文字列の折り返しが「行内」の場合、
   回転後の画像は余白内に自動で移動されます

 

メニューから回転する方法

 

① 図を選択(クリック)します。

②図ツール「書式」の配置にある「回転」より図を回転させます。

 


 

  

 

回転角度を設定して回転する方法

 
 
①図を選択(クリック)します。

②図ツール「書式」の配置にある「回転」をクリック

 

③「その他の回転オプション」をクリックします。
 

 

④レイアウトオプションが開きます。
 「回転角度」に回転させる数値を入れて、「OK」をクリックします。

 

 
例えば、45度と入力します。

 

 
図が右回りに45度回転します。

 

 

 
 

デル株式会社



ワード(Word)で図を編集・加工する⑧ ~アート効果~

図を編集・加工する方法をご紹介します。

アート効果

 
Word2010では、図形の編集もWord内で行うことが出来ます。
 
挿入した写真・図の明るさやコントラストを変えることもできます。

 

①図を選択(クリック)します。

②図ツール「書式」タブの調整より、「アート効果」を選択します。

 
 
③「アート効果」の中から、お好みの状態を選び、クリックして確定します。

  ※黄色い枠が現在設定されている状態です

  ※マウスをのせ、マウスのクルクルが元に戻るのを待つと、図に反映されます

 
 
※マウスを載せただけでも図の見た目が変わりますが、クリックしないと確定しません。

 

 
 

デル株式会社



ワード(Word)で図を編集・加工する⑦ ~色のトーン・彩度・色彩~

図を編集・加工する方法をご紹介します。

色の変更・トーン・彩度

 
Word2010では、図形の編集もWord内で行うことが出来ます。
 
挿入した写真・図の彩度・トーン・全体の色を変えることもできます。

 

①図を選択(クリック)します。

②図ツール「書式」タブの調整より、「色」を選択します。

 
 
③「色」の中にある「色の彩度」「色のトーン」「色の変更」から
 お好みの状態を選び、クリックして確定します。

  ※黄色い枠が現在設定されている状態です

 
 
※マウスを載せただけでも図の見た目が変わりますが、クリックしないと確定しません。

  


デル株式会社




ワード(Word)で図を編集・加工する⑥ ~明るさ・コントラスト~

図を編集・加工する方法をご紹介します。


明るさ・コントラストの修整

 
Word2010では、図形の編集もWord内で行うことが出来ます。
 
挿入した写真・図の明るさやコントラストを変えることもできます。

 

①図を選択(クリック)します。

②図ツール「書式」タブの調整より、「修正」を選択します。

 
 
③修正の中にある明るさやコントラストを選び、クリックして確定します。

  ※黄色い枠が現在設定されている状態です

 
 
※マウスを載せただけでも図の見た目が変わりますが、クリックしないと確定しません。

 
 
 

デル株式会社



ワード(Word)で図を編集・加工する⑤ ~トリミング(切り取り)~

図を編集・加工する方法をご紹介します。


トリミング


Word2010では、図形の編集もWord内で行うことが出来ます。
「トリミング」とは、画像の周囲や映像の前後を切り取って、必要な部分だけを抜き出すことです。

 

①図を選択(クリック)します。

②図ツール「書式」タブのサイズより、「トリミング」を選択します。

 
「トリミング」を押すと、図形の枠の表示が変わります。

黒い枠が切り取り範囲内(残る部部分)です。

 
 
③黒い枠の部分を動かして、切り取りたい範囲を設定します。

 

④範囲が決まったら、図がない部分をクリックてトリミングを確定します。

 


デル株式会社



ワード(Word)で図を編集・加工する④ ~枠線の色・種類~

図を編集・加工する方法をご紹介します。

 

図の枠線に色を付ける

 

図の周りに枠線をつけることが出来ます。


①図を選択(クリック)します。

②図ツール「書式」の「図の枠線」をクリックします。

 
③テーマの色、標準の色から好きな色をクリックします。

 

最初は太さが1ptなので、枠線が書けているか分からないかもしれません。
その際は、太さを選びます。

④ 図を選択して、図ツール「書式」の「図の枠線」 の「太さ」を選びます。

 

線の種類を変更することもできます。例えば、点線や二重線などです。

⑤ 図を選択して、図ツール「書式」の「図の枠線」 の「実践/点線」を選びます。




図のスタイルで枠ありを選ぶと、その枠の形のまま、図の枠線で色を変えることが出来ます。

 

デル株式会社