文字の効果で文字を加工する【ワード(Word)】

文字の効果とは

 
Word2010以降に設定された新機能です。
以前はワードアートでのみできていた文字の装飾ですが、文書に直接打ち込んだ文字にも装飾をすることが出来るようになりました。

文字の効果を設定すると、次のようになります。

文字の効果の設定方法

①文書に文字を打ち込みます。

②文字の効果を設定する文字列を選択します。

③フォント・サイズを変更します

③文字の効果を設定します



次に、「文字の効果」にどのようなものがあるかご紹介します。
 

文字の色と効果

 
下の赤枠で囲った部分から効果を選ぶと、
色やグラデーション、影などの効果が選んだ通りに変更されます。

輪郭の色

文字の輪郭に色を付けます。

 

 
文字に影をつけます。 影は3種類あります。
 ・文字の外側に影をつけます
 ・文字の内側に影をつけます
   (文字の中が塗りつぶしなし、薄い色などだと分かりやすいです)
 ・透視投影は、文字の影が地面に映っているように見えます

 

反射

 
反射は、湖面に反射するような感じで、文字の下に文字が反射します。

 

光彩

 光彩は、文字の周りにぼんやりと色で枠をつけます。


 

文字の効果の削除

 
文字の効果を削除する手順は次の通りです。

①効果を削除したい文字を選択します

②「ホーム」タブのフォントにある下記の赤枠「書式のクリア」を押します

※ただし、書式のクリアを行うと文字サイズ、フォント、文字の色も
 最初の入力した状態(標準)になります。

 

文字の効果とワードアートの違い

 
WORD 2010 より前のバージョンでは、文字に効果をつけられるのはワードアートだけでした。

WORD 2010 から普通に入力した文章にも、効果をつけることが出来るようになりました。

文字に付けられる効果に違いはありません。

ですが、一番大きな違いがあります。

それは、「文字を回転させたり、うねうねさせたりできること」です。

ワードアートについては別の回でご紹介します。

 

デル株式会社



Word2010で「はがきサイズ」を指定する方法と余白設定

Word2013以降では、「ページレイアウト」→「サイズ」で、はがきサイズの選択項目がありますが、

Word2010では、はがきサイズの選択項目がないので、「サイズを指定」をする必要があります。
 

はがきサイズを指定する

 
①「ページレイアウト」タブをクリック

②リボンの「サイズ」を選択

③出てきたメニューの一番下にある、「その他の用紙サイズ」をクリック

④「ページ設定」の「幅」と「高さ」を、はがきサイズに変更して、
 「OK」をクリックします。

 幅 :100mm
 高さ:148 mm

※「mm」は打たなくても大丈夫です。
  用紙サイズの「A4」は変更しなくても幅、高さを変更すると
  「サイズを指定」に自動変更されます。

 
設定すると次のように用紙サイズが変更されます。

 

余白を設定する

 
余白が新規作成時の「標準」のままだと、はがきサイズでは書くスペースがとても少ないです。
 
そこで、余白の設定をして、文字を書くスペースを拡げます。

①「ページレイアウト」タブをクリック
 
②リボンの「余白」をクリック
 
③「狭い」をクリック

 
設定すると次のように余白が変更されます。

 


デル株式会社



ワード(Word)の用紙サイズを変更する方法

Wordの用紙サイズの設定方法をご紹介します。
 
新規作成で作成される白紙の文書は「A4」サイズです。
 
Word2010では、A3,A5,B5などに変更することが出来ます。

用紙のサイズ変更をする方法

 
①「ページレイアウト」タブをクリック

②リボンの「サイズ」から、指定用紙をクリックして選択します

  
 

デル株式会社



ワード(word)で特殊文字や記号を表示する方法

キーボードにない記号や特殊文字を入力する方法をご紹介します。

特殊文字には、㈱ ㊞ ㎤ など様々なものがあります。

記号には、÷ Ω ★ などがあります。

これらを表示する方法にはいくつかありますので、代表的なものを2つご紹介します。

ワードの機能を使う

 
ワード(Word)には、記号と特殊文字の一覧表から選ぶ機能があります。
 
「挿入」タブをクリック

②リボンの右端にある「記号と特殊文字」をクリック

③下に出てくるメニューの中から、「その他の記号」をクリック

④「記号と特殊文字」一覧の中から、
 スクロールバーをスクロールして記入したい記号を選んでクリックします。
 選んだ記号は、青く選択されます。
 
「挿入」ボタンをクリックすると、ワード(Word)にその文字が記載されます。

この一覧の中からは、㊞ ㎤といった特殊文字や、絵のような文字、非常用漢字を選ぶことが出来ます。
  

漢字変換を使う

 
記号と特殊文字の一覧から、該当する文字を探すのは、案外大変です。

ひらがなを入力して、Space(スペース)キーを押すことで出来る漢字変換。
この機能は、記号を表示することもできます。
 

「きごう」を変換する

 
「きごう」と入力して2回Spaceキーで変換すると、漢字候補一覧のところに、記号と特殊文字一覧と似たような内容が表示されます。

この漢字変換候補の中から希望する文字を選ぶこともできます。

 
もっと変換内容を絞り込む方法があります。
 

①記号の読み方を入れる

例えば、★マークは、「ほし」と読みますので、
「ほし」と入力すると★ ※ ☆ ☆彡 などが出てきます。

♪マークは、「おんぷ」と入力します。
 
その他に、「けいせん」と入力すると次のような漢字変換が出てきます。

㈱という文字も、「かぶ」と入力して変換することで出てきます。
 
αやΑも「あるふぁ」と入力して変換することが出来ます。

 
記号を入力したい時、「この記号は何と読むか」考えて、まずは漢字変換してみてください。
それでも見当たらなかったら、記号と特殊文字一覧から探してみてください。

  
 

デル株式会社



ワード(Word)で年賀状文面を簡単作成!「はがき印刷ウィザード」の使い方

Word(ワード)のウィザードという機能を使って、対話形式で複雑な作業も簡単に行うことが出来ます。

   ※ウィザードとは、魔法使いという意味です

はがき印刷ウィザードの起動

 

「差し込み文書」タブにある「はがき印刷」から「文面の作成」を選択します。

はがき文面印刷ウィザードで年賀状作り

 

新規文書で「はがき文面印刷ウィザード」が起動します

「次へ」のボタンを押して、ウィザードを始めます。

 

年賀状の文面を選択します

今回は年賀状を作成しますので
「年賀状」の左にある○をクリックして、「次へ」をクリックします。

 

レイアウトを選択します

表示するレイアウトのタイプが「標準的」だと、表示される内容が少ないので、
「すべて」を選択すると表示内容が増えます。

 

「レイアウト」の中から、はがき文面にしたいレイアウトを選びます。

選び方は、右のスクロールから表示をして選び、
希望するレイアウトが見つかったら、その画像の上でクリックして選択します。
選択すると、周りが囲われます。

選択したら、「次へ」をクリックします。

 

題字(「賀正」や「謹賀新年」など)を決める

題字とは、「賀正」や「あけましておめでとうございます」など、年賀状の冒頭に書く言葉を指します。
題字は書のようなデザインがありますので、画像(デザイン)から選びます。
題字をデザインの中からクリックで選び、「次へ」をクリックします。

 

干支のイラストを決める

干支のイラストを選択します。
渋めのものが多いので、ウィザードではがきを作成した後に、インターネット上から選んだ画像に変えることもできます。
「なし」またはイラストをクリックで選択して、「次へ」をクリックします。

 

あいさつ文・年号を決める

新年のあいさつ文一覧から、好みのあいさつ文をクリックして選び、その下にある年号も選びます。
選択したら、「次へ」をクリックします。

 

差出人情報を記入する

文面の欄に差出人の住所や氏名を印刷したい場合、
差出人情報を記入して、「次へ」をクリックします。

  ※最初はPCに登録している登録者情報が表示されている場合があります。

 

差出人情報を印刷しない場合、チェックを外してください。
          

 

はがき文面の微調整をする

これまでの内容で、はがき文面の設定が終わりました。
「完了」をクリックします。

 
選択したレイアウト、内容のハガキ文書が表示されます。

 

図形の入れ替え

イラストと、題字は「図形」です。

★「Back space」キーで削除できます。
 
★「挿入」タブの「クリップアート」を選択すると図形を検索できます。

  
  「Bingの検索結果を含める」にチェックを入れると、
  ネットの情報から画像検索できます。

 

 

文面の編集

あいさつ文と差出人情報は、「テキストボックス」です。

「ホーム」タブの「フォント」の部分から、
文字のフォントやサイズ、色の変更を行うことができます。

 
テキストボックスの大きさを変更することもできます。

その他に、背景に色を付けたり、写真を取り込んだりすることで、
年賀状ソフトを使用しなくてもオリジナルの年賀状を作成することが出来ます。

 


デル株式会社



タブレットPCでタッチキーボードを表示する方法

windows10 タブレットPCで、
文字入力が可能なところでカーソルが点滅しているのに
入力するためのタッチキーボードが表示されない
文字が入力できない!

そんなお悩みを解決します。

タッチキーボードを表示させる

タッチキーボードを表示させる方法です。

タッチキーボードのアイコンを押す

文字入力したいところにカーソルを置いたとき、
タッチキーボードが表示されなかったら、
タスクバーにあるタッチキーボードのアイコンを押します。

 

タッチキーボードのアイコンがないとき、アイコンを表示する方法をご紹介します。

1)タスクバーの何もないところを長押しします。

2)[タッチキーボードのボタンの表示]を押します

3)タスクバーにタッチキーボードのアイコンが表示されます

タッチキーボードが常時表示されるように設定する

着脱式のキーボードが付属している場合、
通常モードでは、タッチキーボードではなく
付属のキーボードで入力されることが前提になっています。

タブレットとして使用することが多い場合、
タッチキーボードを常に自動表示するように設定しておくと便利です。
 

1)[スタート]画面の[設定]アイコンを押します。

2)[windowsの設定]が表示されるので、[デバイス]を押します。

3)[デバイス]メニューの[入力]を押します。

4)[タブレットモードでなく、キーボードが接続されていない場合に、タッチキーボードを表示する]の下にあるスイッチを[オン]にします。

5)文字入力が出来る場所を押すと、自動的にタッチキーボードが表示されるようになります。

 


デル株式会社



Windowsタブレットで画面キャプチャを取る方法

Windows10タブレットを購入して、困ったのが画面キャプチャ(スクリーンショット)です。

キーボードの場合は、「PrtScn」や「PtrSc」(プリントスクリーン)を押すことで画面全体を画像としてコピーすることが出来ます。

※キーボードによっては、「Fn」(ファンクションキー)を押しながらをプリントスクリーンを押す場合もあります。

ですが、タブレットの場合このボタンはありませんので、タブレットでできる方法をご紹介します。

①タブレットのボタンを押して撮影する

画面全体を画像としてコピーする、プリントスクリーンと同じ機能は
Windowsマークを指で触りながら、音量ボタンを押します。

※windowsマークに、ボタンと同じ機能があるものに限ります

この欠点として感じているのは、
自分は音量マークが画面に表示された状態でキャプチャされてしまいます。

自分のやり方が違うだけかもしれません。
ちなみに、【ジブン専用】PC&タブレット3を使用しています。

Windowsマークと音量ボタンでキャプチャした画面(左上に音量バーが出ています)

Windowsマーク+音量ボタンでコピーした画面の画像を保存したい際には、
ペイントなどにコピーして保存してください。

②ツールを使って領域を切り取る

「Snipping Tool」という画面キャプチャツールが、
Windows標準で入っています。

メニューの「Windowsアクセサリー」→「Snipping Tool」から起動できます。


「Windowsアクセサリー」→「Snipping Tool」
Snipping Toolを起動したらこれが出てきます

このツールを使って画面をコピーする方法をご紹介します。

(1)「新規作成」を押すと全体に白がかった感じになります

「新規作成」を押した後

(2)初期設定では、ほとんどが指定した範囲をコピーするモードになっています。画像に残したい範囲を指で対角線上に指定します

左上から右下にかけて範囲指定するとやりやすいです。

画像にしたい範囲を指定

(3)指を離すとコピーされます

指を話したあと、コピーされた状態

(4)保存したい時は、フロッピーのマークを押すと、名前を付けて保存が出来ます。

保存マーク

③画面全体をカメラで撮影する

いろいろ工夫するのが面倒な時は、
画面をスマホなどのカメラで撮影する
という方法もタブレットだとやりやすいと思います。

お好みの方法で画像をキャプチャしてください。

 


デル株式会社



ジブン専用PC&タブレット3セットアップ

ドンキホーテ情熱価格で売っている
【ジブン専用】PC&タブレット3のセットアップの様子をご紹介します。

タブレットとキーボード部

タブレットとキーボード部は分かれて入っています

タブレットの起動・セットアップ方法

充電する

初めて使用する際には、必ず充電してから
セットアップをはじめてください。

電源ケーブルを指す部分は、タブレットの右脇にあります。

充電の目安は約3.5時間かかると言われています。

起動するには、電源ボタンを3秒以上長押し

電源ボタン

初めての設定(タブレット状のままの場合)

電源ボタンを長押しすると、電源がつき、音声が流れます。
同時に、音声と同じ内容が文字で表示されます。

もし音声が必要ない場合は、
左下のマイクマークを指で押すとミュート(無音)になります。

マイクのマークは赤丸

◆地域と言語の設定

地域と言語を設定します。
最初から「日本」や「日本語」を表示されていないことがあるので

表示されている部分をタッチして、一覧を表示させ、
スクロールして該当部分を選択します。
 

◆キーボードレイアウト

キーボードのレイアウトを選びます。
分からない場合は、初期設定の「Microsoft IME」のままで大丈夫です。

あとから設定し直すことが出来ます。

2つ目のキーボードレイアウトは「スキップ」で大丈夫です。

スキップ部分をアップ

◆ネットワークに接続

インターネットは無線(Wifiや無線LAN)を受信する形式です。

ご自宅のインターネットだけでなく、
ご近所のものも一覧に表示されている可能性がありますので
ご自宅のネットワーク名を選択して、パスワードを入力してください。

◆ライセンス条項への同意

ライセンスの本文は英語になっています。
意味を知ってから同意したいところですが・・・
「同意する」を選択しないとWindowsは使用できません。

◆アカウントのセットアップ

Windows10のアカウントには2種類あります。
【Microsoftアカウント】と【オフラインアカウント】です。

Microsoftアカウント
 Microsoftの電子メールアドレスとパスワードを使用して
 ログインします。複数のパソコンに同じアカウントで
 サインインすると、個人設定を同期して使用することが出来ます。

オフラインアカウント
 win8までと同じように、端末ごとにユーザー名と
 任意でパスワードを登録し、サインインするためのアカウントです。

【Microsoftアカウントで設定する場合】

既にMicrosoftアカウントをお持ちの場合、赤枠にメールアドレスを入れます。

Microsoftアカウントを作成する場合、
「アカウントの作成」をタップ(指で押す)します。

【オフラインアカウントの場合】

画面を指で触ったまま、上に向かって動かすと画面がずれます。
オフラインアカウントでは、
アカウント名・パスワード・パスワードのヒントを設定します。

画面を指で触って上に向かって動かす
左下の「オフラインアカウント」を選択

◆デバイスのプライバシー設定

デバイスのプライバシー設定を行います。
内容が分からない場合、そのまま「同意」でも大丈夫です。
設定後に変更することも可能です。

いくつか進むと、画面が黒くなったりしますがしばらくお待ちください。

画面の位置

 画面が縦になった、上下が逆になった場合、
 上にしたい部分を上にして立てると画面が自動的に移動します。

画面とキーボードを合体させる

赤枠のところに画面を差し込みます。
そのままよりも、赤枠の部分キーボード側からぐっと力を入れて動かします。
女性だとぐっと強く力を入れる必要があるかもしれません。

赤枠の部分は磁石がついています。
画面を近づけると、ふっと付きます。
こうして一体化させると普通のノートPCと変わりませんね。

カードスロットの開け方

microSDカードを入れるためには、
カードスロットを開けてmicroSDカードを入れることができます。

microSDカードは入れなくても起動できます。

※シャーペンの芯だと中で折れてしまうことがあるので気を付けてください。

差し込み穴に付属品のピン、
もしくは先の尖ったものをしっかり差し込んでください。

ロックが外れて、sicroSDカードスロットが飛び出てきます。

カードスロットを完全に引き抜き、
micoroSDカードの金属面を下にしてセットします。

microSDカードを入れたカードスロットを
軽く抑えながらゆっくりと
タッチパネルと並行になるように押し込んでください。

 


デル株式会社