ワード(Word)で文字をグネグネさせる

 

文字の効果で文字を加工する」で、通常入力した文字を装飾する方法をご紹介しました。


今回は「ワードアート」を設定します。
 
ワードアートは通常入力の文字の加工では、色や影・反射は同じようにできます。

色や一番の違いは「変形」です。

 

ワードアートの挿入

  

 
①「挿入」タブのテキストにある「ワードアート」をクリックします。

 

②文字のスタイルを選びます。

 
 
③スタイルを選択すると、このように挿入されます。

 

④文字を削除して、タイトルなどを入れます

 

ワードアートを挿入・選択すると「描画ツール」が出ます。

 

描画ツール「図形のスタイル」

 

ワードアートの描画ツールにある、「図形のスタイル」は、

ワードアートの枠全体について編集・加工します。

 

例えば、このように加工することが出来ます。
 ・図形の塗りつぶし:オレンジ、アクセント6、白+基本色80%
  ・図形の枠線:赤、アクセント2、黒+基本色20%
 ・光彩:赤、18pt光彩、アクセント2
  ・面取り:額縁風
  

 

描画ツール「ワードアートのスタイル」

 
 

ワードアートの描画ツールにある、「ワードアートのスタイル」は、

ワードアートの文字について編集・加工します。

 

 
 

※文字列を選択しているか、枠線が「実線」になっている必要があります。

 

例えば、このように加工することが出来ます。
 ・文字の効果→光彩:赤、18pt光彩、アクセント2
  ・文字の効果→変形:上アーチ
  

 

何もないところでクリックすると、ワードアートの実線が消えます。

 
 

デル株式会社