文字の効果で文字を加工する【ワード(Word)】

文字の効果とは

 
Word2010以降に設定された新機能です。
以前はワードアートでのみできていた文字の装飾ですが、文書に直接打ち込んだ文字にも装飾をすることが出来るようになりました。

文字の効果を設定すると、次のようになります。

文字の効果の設定方法

①文書に文字を打ち込みます。

②文字の効果を設定する文字列を選択します。

③フォント・サイズを変更します

③文字の効果を設定します



次に、「文字の効果」にどのようなものがあるかご紹介します。
 

文字の色と効果

 
下の赤枠で囲った部分から効果を選ぶと、
色やグラデーション、影などの効果が選んだ通りに変更されます。

輪郭の色

文字の輪郭に色を付けます。

 

 
文字に影をつけます。 影は3種類あります。
 ・文字の外側に影をつけます
 ・文字の内側に影をつけます
   (文字の中が塗りつぶしなし、薄い色などだと分かりやすいです)
 ・透視投影は、文字の影が地面に映っているように見えます

 

反射

 
反射は、湖面に反射するような感じで、文字の下に文字が反射します。

 

光彩

 光彩は、文字の周りにぼんやりと色で枠をつけます。


 

文字の効果の削除

 
文字の効果を削除する手順は次の通りです。

①効果を削除したい文字を選択します

②「ホーム」タブのフォントにある下記の赤枠「書式のクリア」を押します

※ただし、書式のクリアを行うと文字サイズ、フォント、文字の色も
 最初の入力した状態(標準)になります。

 

文字の効果とワードアートの違い

 
WORD 2010 より前のバージョンでは、文字に効果をつけられるのはワードアートだけでした。

WORD 2010 から普通に入力した文章にも、効果をつけることが出来るようになりました。

文字に付けられる効果に違いはありません。

ですが、一番大きな違いがあります。

それは、「文字を回転させたり、うねうねさせたりできること」です。

ワードアートについては別の回でご紹介します。

 

デル株式会社