ワード(Word)の文章の周りを線や絵柄で囲む

ワードで、ページの余白部分全体を、ラインや絵柄で囲む方法をご紹介します。

囲むと、以下のような感じになります。

 

ページ全体を線で囲む方法を2つご紹介します。

1.ページ全体を細い直線で囲む

 

最初にご紹介した線や絵柄で囲む方法は、「ページ罫線」という機能を使います。

①「ページレイアウト」タブのページ背景にある「ページ罫線」をクリックします。

 

②「線種とページ罫線と網かけの設定」というダイアログボックスが出てきます。

 
 
 

③ページ罫線の「囲む」を選択して、線の太さが1ptになっているので「OK」を押します。

 

このような線が引けました。

ページ罫線で引く線は、余白の外側です。

 

 

2.ページ全体を絵柄で囲む

 


余白の外側に、絵柄でページ全体を囲む方法をご紹介します。

 
 
① 「ページレイアウト」タブのページ背景にある「ページ罫線」をクリックします。

 

② 「線種とページ罫線と網かけの設定」というダイアログボックスが出てきます。

 

 

③「囲む」を選択して、

 「絵柄」の「なし」をクリックします。

 
 様々な絵柄が出てくるので、お好きな絵をクリックして、「OK」を押します。

 

モミの木のような絵を選ぶと、このようになります。

 


 

3.図形で囲む

 
ページ罫線機能以外に、図形でページ全体を囲む方法があります。

 
 
 
①表示倍率を下げて全体を表示します。
  画面右下にある、100%の右にある「-(マイナス)」を何回かクリックして、ページ全体が画面に表示されるようにします。



 
②「挿入」タブの図にある「図形」をクリックします。

 

③様々な図形が表示されるので、囲みたい形を選択します。

 
 

今回は、基本図形の中にある「メモ」を選択します。

 
 

④図形をページの囲いたい大きさに描きます。

 


このままだと、文章(文字)が表示されないので、中の色を変更していきます。

 


塗りつぶしを「なし」にする

 
図形の中の色を「塗りつぶしなし」に設定するには

①図形を選択します。


②描画ツール「書式」タブの図形スタイルより、「図形の塗りつぶし」を選択します。

 

③「塗りつぶしなし」を選択します。

 

図形の中の色がなくなり、ワードの本文がみえました。

 

 
 
 

全体の色を半透明にする

 
図形の中の色を半透明に設定して、全体に薄い色がついたようにします。

①図形を選択します。


②描画ツール「書式」タブの図形スタイルより、「図形の塗りつぶし」を選択します。

 


③「その他の色」をクリックします。

 


④「色の設定」というダイアログボックスが出てきます。

 

⑤お好きな色を選んでください。
  選び方は、「標準」タブから選ぶ方法と、「ユーザー設定」タブから選ぶ方法があります。

 

⑥「色の設定」ダイアログボックスの「透過性」を高くすることで色が薄くなり、ワードの文章が表示されます。

  ここでは50%を設定します。

  設定方法は
   1.灰色のバーをマウスで動かす
   2.0%のところに、キーボードで「50」と入力する
    3.矢印を押す
  の3種類ありますので、お好きな方法で変更してください。
 

 

⑦設定出来たら、「OK」を押します。

 

このような感じに、文字の上に塗りつぶした色が表示された感じになります。

 



デル株式会社